黒にんにく作り方のブランドの割引の旗艦店_黒留袖髪型,黒にんにく作り方旗艦店,ネット上で買って黒にんにく作り方優先サイト Golarja


2015-02-19 11:30    黒にんにく作り方
「村山です。突然、お電話をさしあげる非礼をお許し願いたい。娘がいろいろ、お世話になっているそうで、あわせてお礼をいいます」 「はあ、こちらこそ」  と言って、仲根は「——私に何か?」 「うむ。ちょっと、あなたに折り入って相談したいことがあるんです。私はおかげで退院しまして、今、毎日、会社の事務所に出ております。何かの折にでも、武蔵丘まで来てくださらんかな」 「はい。それはもう、いつでもうかがいますが、さし迫った用事なんでしょうか」 「できれば、早いほうがいい。あなたもお聞き及びのことと思いますが、私が暴漢に襲われたことや、夏希が脅迫されたりしている事件と、関係することです」 「わかりました。あすにでも事務所におうかがいしましょう。場所を教えて下さい」  あす夕方六時。武蔵丘の駅前ビルの中にある村山虎三のオフィス——という具合に約束が交わされ、仲根はその電話を切った。     2  村山虎三が代表取締役をする「武蔵丘興産」は駅前ビルの四階にあった。  仲根がそのオフィスを訪れたのは、翌日の夕方であった。駅前には夕暮れの人並みがあり、そのビル横の路地は飲み屋街となっていて、焼鳥の匂いなどが漂っていた。  仲根はエレベーターで四階にあがった。テナントの会社も、武蔵丘興産も、退社時間はもうすぎていてビルの中は残業組が、ちらほら見えるくらいで、ひっそりとしていた。  そうした夜の社長室で、村山虎三は待っていた。仲根が入ると、執務机から顔をあげ、 「やあ、いらっしゃい」  立ちあがってきた。 「はじめまして。私が村山です」
404 Not Found

404 Not Found


nginx