グッチ 公式ページ

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null『普段《ふだん》、私たちの意識《いしき》はあなたの脳の中で二つに分かれていますが、私が具現化した瞬間《しゅんかん》に境界はなくなります。具現化した私は、あなたの手足と同様にあなたの脳が操《あやつ》っています』  珍しく饒舌《じょうぜつ》に語りかけてくる。葉は警戒《けいかい》しながらも耳を傾けざるを得なかった。 『本来であれば、それらは一つの意識が操るべきものなのです。しかし、私たちの意識は融合《ゆうごう》していない。あなたがそれを拒《こば》んでいるからです』  まるで、意識の融合が当たり前であるかのように「黒の彼方」は言う。 『弱点を補うには、司令塔を一つに絞ることが不可欠です。そうしなければ、あなたが考える人助けも難《むずか》しくなりますよ』 「……わたしを乗っ取るつもりでしょう」  先月の「ヒトリムシ」との戦いで分かったことがある——戦いのさなかに一度|葉《よう》が意識《いしき》を失えば、彼女は自分から目を覚ませなくなる。そうなれば、カゲヌシを抑える者はいなくなる。 『いいえ。ただ、昼間会ったあの人間を助けるつもりなら、もう一度戦う必要があるでしょう。あの人間は、あの鳥を手放しそうもないですからね』  確《たし》かに天内《あまうち》茜《あかね》の誤解は解けたようだったが、それですべてが解決するわけではない。葉の目的は、彼女の解放にあるからだ。 『あの鳥は、本来であればさしたる力を持ちません。知能も発達していない。だから、あの人間が覚醒《かくせい》している限りは、完全に支配下に置かれることになります。私たちが苦戦を強《し》いられたのはそのためです』  葉は「黒の彼方《かなた》」が負わされた傷のことを思った。カゲヌシが本来の力を発揮するには、あの天内茜のようにカゲヌシを完全に支配下に置くか、あるいは意識を乗っ取られることで支配下に置かれるかのどちらかしかないのだ。 『契約を結びなおすことができますよ』  と、「黒の彼方」は囁《ささや》いた。 「……どういうこと?」 『正確には新しい契約を付け加えます。私を呼び出すのと同時に、条件つきであなたの意識を遮断《しゃだん》します。その代わり、戦いが終わったらあなたに肉体を明け渡す。時間による制限をつけてもいい……契約者のほとんどはやっていたことです』 「……」  最終的に以前の契約者たちがどうなったのか、「黒の彼方」は語ったことはない。自我を食い尽くされたのか、あるいは死んだのか。
    2015-02-19 11:07
    ŗ 評論 0
発祥地|グッチ 公式ページ
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|モールグッチ 公式ページ_グッチ長財布gg,「通販」,グッチ 公式ページどうしてで Golarja

404 Not Found

404 Not Found


nginx