ルイヴィトン長財布ブランド専売 ルイヴィトンダミエボストンバック_「特価」 ルイヴィトン長財布新型価格 Golarja


2015-02-07 22:50    ルイヴィトン長財布
「二度とこないと思う」そういったときの男子学生の傷ついた顔が、いつまでも脳裏から消えない。自分でもひどいことをいったと思う。だけど、こうするしかなかったのだ。こうしなければ、自分は惹かれてしまうかもしれない。それはあの人がかれに似ているからだ。そんなことで人を好きになったとわかったら、相手がどれほど傷つくだろう。だから、これでいい。これでいいの。遙は、そう自分に言い聞かせていた。  小走りに急ぐ彼女の肩でカバンがゆれていた。そのなかには一冊のノートがある。ノートには小さな、しかし、しっかりとした字でかれの名前が書かれている。 「神名綾人《かみなあやと》」と。   2  その夜、遙はひさしぶりに綾人の夢を見た。夢のなかの綾人は、あのときと変わらず、中学三年生のままで、微笑んでいた。 「神名くん」 「美嶋《みしま》」  あのときと同じ声、同じしぐさで、綾人は彼女を抱きしめてくれた。体の芯が熱くなってくるのがわかる。 「神名くん」  もう一度呼びかけたときには、しかし、綾人は笑いながらまるで映像が小さくなるように、彼女の手のとどかないところにさっていってしまった。遙は泣きながら、かれのあとを追った。走って倒れて、また起きあがって走って倒れる。何度目かに倒れたとき、膝にアスファルトの感触があった。見上げると、そこには東京ジュピターがあった。綾人を、東京を呑みこみ、永遠にふたりを引き裂いてしまった。いまわしい地上の惑星が……。  そこで目を覚ました。  心臓がはげしく動悸《どうき》を打っているのは、夢のなかで走ったからではない。抱きしめられたからだ。夢のなかでもかれの腕は力強くてあたたかく、そして、胸元からはかれの匂いがした。自分でもイヤになるぐらい、欲望があらわになった夢だった。  おかげで朝から洗濯機をまわすはめになった。  夢の記憶を体の芯に残したまま、大学にいった。授業を受けているうちに、そうした想いはどこかへ消えていってしまう。また普通の生活が戻ってきたのだ。  昼休み、構内を歩いていると、前に小夜子が歩いていた。だれか男子学生と話しながら歩いていた。小夜子はずいぶんと親しげだったが、男子学生は彼女とはさほど親しくはなさそうだった。  ——彼女にああまでされて、なびかない男もいるんだ。