プラ ダ財布1m1132のものはどう,プラダ長財布新作2013_購入プラ ダ財布1m1132の技巧,「最新」 Golarja


2015-02-05 23:30    プラ ダ財布1m1132
 やばいぞ。体が熱くなっていく。  小さく呻いて、彼女が寝返りを打った。  顔がこちらをむく。後れ毛が、頬にかかっている。まぶたは閉じられ、長い睫毛がかすかに震えている。  唇が紅い。なにかささやきかけるかのように、わずかに開いている。  胸が昂る。  知らず知らずのうちに体が動いていた。  ぐっと行動を押しとどめるものがある。自分がくるまっている寝袋だ。それで理性が呼び覚まされた。  なに考えてんだよ!  ゆっくりと寝袋を這い出し、彼女を起こさないようにそっと船室を出た。  十一月の朝の風が、ほてった胸を冷ましてくれた。  船首に立ち、あたりを見まわす。  静けさ。  それが風景を支配している。風景の一部になってしまった動かない巨人。だれもいない港。だれもいない町。永遠の眠りについた町。  ぞくっとしたのは、寒さのせいばかりじゃない。  おれはほんとうに町が永遠の眠りについているのか確かめたくなった。  ちょっと行ってみるか。  ふりかえって船室を見る。窓越しに紫東さんが寝ているのが見える。  いいよね、ちょっとぐらい。