收藏

prada財布1m1132編集

「何が無理だ」  年こそ若いが、新蔵は小幡門中の高足であり、師が病床にあるうちは、師に代って弟子達に臨んでいる位置でもあった。 「貴公たちが出向いていい程なら、この新蔵が真っ先に行く。——先頃からたびたび道場へ訪れて来て、病床の師に、無礼な広言を吐きちらしたり、われわれに対しても、傍若無人な小次郎という男を、わしは怖れて捨てておいたのではないぞ」 「けれど、世間はそうは受けとりません。——それに、小次郎は、師のことや、また兵学上のことまでも、|悪《あ》しざまに、各所でいいふらしているのです」 「いわせておけばいいではないか。老師の真価を知っている者は、まさか、あんな青二才と論議して、負けたと誰が思うものか」 「いや、あなたはどうか知りませんが、われわれ門人は、黙っていられません」 「祖父が、墓へは、何も書いてはいけないといって死んだんだって。|蒲生《が も う》|家《け》からも、|伊達《だて》|家《け》からも、|抱《かか》えに来たけれど、侍奉公は、二人の主人にするものじゃない。それから、自分の名など、石に彫っておくと、先の御主人の恥になるし、百姓になったんだから、紋も何も彫るなっていって、死んだんだって」 「その祖父の、名は聞いていたか」 「|三《み》|沢《さわ》|伊《い》|織《おり》というんだけれど、お父さんは、百姓だから、ただ三右衛門といっていた」 「おまえは」 「三之助」 「身寄りはあるのか」 「姉さんがあるけれど、遠い国へ行っている」 「それきりか」 「うん」 「明日からどうして生きてゆくつもりか」 「やっぱり|馬《ま》|子《ご》をして」  と、いってすぐ、
表示ラベル: