收藏

ルイヴィトンモノグラムマルチカラーポルトフォイユサラ編集

[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON モノグラムマルチカラー ポルトフォイユサラ 二つ折り長財布 M93747【中古】
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON モノグラムマルチカラー ポルトフォイユサラ 二つ折り長財布 M93747【中古】 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON モノグラムマルチカラー ポルトフォイユサラ 二つ折り長財布 M60443【中古】
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON モノグラムマルチカラー ポルトフォイユサラ 二つ折り長財布 M60443【中古】 
太一「……」 破滅的な歴史……。 曜子「どう足掻こうとも、どう闘おうとも。ありとあらゆる可能性の中に、あなたを理解してくれる人は……いないの。ただ、私だけをのぞいて……もう、そろそろ理解してくれてもいいと思う」 太一「理解は、してるさ。付け加えるなら、君だって俺を愛してるわけじゃないだろう!?」 叫ぶ。 太一「何なんだよ、この世界は!」 深々と息を吐き出した。苛立ちとともに。 太一「ねえ……ここは異世界なのかな」 曜子ちゃんは俺の前に立った。そしてつま先で、地面に『X』の字を描いた。 曜子「可能性は二つ。一つは、線形だった二つの世界軸が交錯し、互いに知覚できる状態になってしまった……SFね」 二本の世界。 ねじまがって、交差。 太一「世界が重なって、異常が起きたってことか。ん……その場合、俺たちの元いた世界は? そのまま保持されてるってことじゃ———」 曜子「もう一つは、私たちのいた世界の結末がコレだった」 だが彼女は安易な救済を、半分だけ否定してのけた。 太一「…………多世界同志の干渉はありえない……んだったね。量子力学だと」 量子力学といえばディラックだが、俺は原書を読んだことはない。そもそも今の状況が、量子力学的解釈にふさわしいものかどうか。 太一「……さっき言ってた、SFの方なんだけど……あれは?」
表示ラベル: